奈良けいりんTOP  ブログ

ブログ

本ブログコーナーは、日本トーター株式会社奈良競輪事業所の社員が運営しています。
奈良競輪場のイベント等の情報はもとより、奈良県内の様々な情報を発信してまいります。社員個々の趣向も盛り込みながら、親しみのあるブログ運営を心がけてまいりますので、競輪はもちろん、いにしえの都 奈良にも興味を持っていただければ幸いです。

『念願の・・・』

体重が過去最高に達し、急いでフィットネスジムに通い出した今日この頃、

みなさんどうお過ごしでしょうか。

どうも『思ったより着痩せしがち』びっきーです。

 

 

ジムに通い出したのは6月からなのでまだ成果はでてませんが、8月の健康診断を受ける頃にはきっと結果にコミットしているはずです。

お楽しみに。

 

 

まぁそんなことは置いといて、本題のブログ始まりますよ。

以前ブログで紹介した『オクトーバーフェスト』ですが、今年も奈良公園で開催してましたね!

2018年5月25日(金)~6月3日(日)の10日間開催されていたんですが、予定があわず今年は参加することができませんでした…(T_T)

どなたか行かれましたか??

 

いやー、行きたかったなぁ。

たまには本場のドイツビール飲みたかった…(笑)

そもそもビールって麦からできて何であんなに美味しいんや。

どうやってできてんのや。とか思いましてね。

 

ついに行ってきましたよ!念願の!

【アサヒビール 吹田工場見学!!】

  

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は梅雨の合間の快晴で工場見学日和!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学受付を済ませて、いざ見学!

最初はミニシアターみたいなところで10分ほどの動画鑑賞をして、

見学に関する注意事項について説明がありました。

写真撮影はOKですが、動画撮影と録音はNGとのことです。

 

ビールを作るには仕込・発酵・熟成・ろ過といった4つの工程があり、1つずつ説明をうけました。写真とれなかったりもしたので抜粋して写真のせときます。笑

 

下の写真はビールをろ過させるための機械です。

パイプやらなんやらいっぱいあってかっこええすね。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場では美味しいビールを作るため24時間パソコン等で味の検査や温度管理を行ってるそうです。

 

 

しかし味の検査は機械だけでなく、実際にビールを飲む官能検査(かんのうけんさ)も行われてます。

 

官能検査を行うためには選抜検査に合格した人しかできず、見事合格した検査員は『パネリスト』と呼ばれ、検査項目を点数で評価。味、香りなどあらゆる面から総合的に判断し品質を管理されているとのこと。

 

検査する時間は人間の感覚が一番冴えわたるといわれる午後4時に行われているそうです。

味のわからない僕にはできない仕事ですね。

そして午後4時に感覚がさえわたるってのも初めて知りました。

 

 

 

 

次はビールを発酵・熟成させているタンクです。

直径は7mくらいで高さは5階建ての建物と同じくらいと聞きました。

 

 

 

 

 

 

たしか中には50万リットルくらい入ってるらしい。

1日1本ビール(350ml)を飲んだとして、このタンクを飲み干すには約4,000年ほどかかるそうです。

とんでもねぇっすね。

 

 

 

発酵・熟成・ろ過が終え、出来上がったビールを缶に入れる工程に進みます。

あいにく目視では確認できませんでしたが、缶に飲み物が入れられるしくみを初めてしりました。笑

みなさん知ってましたか!?

1分間で1,500本もの缶ビールができるみたいです。

  

 

 

 

 

 

 

 

缶詰されたビールはコンベアに流されて箱詰めにされます。

これ全部ビールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい勢いでビールが流れて箱に詰められてました。

ビールをつくるのには時間をかけますが、箱詰めされてからはすぐにお客様へ届けていくそうです。

 

 

 

 

この下にある写真は全国のアサヒビール工場でも吹田工場にしかないという、世界のビールや記念缶の展示品です。

知らないビールいっぱいありました。

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお待ちかねの試飲!!

一人につき3杯まで飲むことができます。笑

 

時期によって試飲できるものは変わってくるようで。

今回はスーパードライエクストラコールドとドライブラック・今年3月に発売されたスーパードライ瞬冷辛口が用意されていました!

 

若干二日酔いでしたが、午前中に大量の水とヘパリーゼを飲んだので体調は万全!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1杯目はスーパードライエクストラコールドで工場見学の参加者で乾杯!

 

んまーい!

 

 

平日の昼から飲むビール最っ高に幸せ(・▽・)

 

 

-2℃で冷やされたキンキンのビールは

冷たさが継続するのはグラスにそそいでから

約4分程度らしく、急いでいただきました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2杯目はドライブラックをいただきました!

香りが強い!

 

 

おつまみで『クリームチーズおかき』が

用意されていたので、ポリポリ食べながら

ドライブラックを味わいました。

 

 

 

 

試飲の時間は20分なので、急がなくては!

 

 

 

続いて3杯目は瞬冷辛口!

 

 

 

 

昨年、期間限定で発売されましたが

発売延長などの声が多く今年の3月に

通年商品としてリニューアルして

発売が開始されたようです!

 

すっきりとした後味と飲んだときの冷涼感が

ウリらしいです!

こちらも美味しくいただきましたー。

 

 

 

 

 

以上で工場見学の全工程が終了―。

 

ディ○ニーランドに負けず劣らずの夢の国・・・、いや、夢の工場でしたね。

例えるならば和製「チャーリーとチョコレート工場」といったところでしょうか。

 

 

見学のあとはギフトショップへ!

 

今年は父の日になにもしてなかったので、お中元用のビールギフトを父親へ送っておきました。(去年は何したか忘れました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、なんて親孝行な息子なんでしょうか。

 

もちろん自分用にも買いました。

いつも頑張っている自分へのご褒美的な。

当分、家飲みにしようと思います。

 

 

自分へのご褒美を買い終え、コンビニでアイスを買って工場になくなくおさらばしました。ありがとうアサヒビール吹田工場…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場見学なんていつぶりでしょうか。

すげー楽しかったです。

 

次は酒蔵とかワイナリーの見学でも行ってみようかなと思いました。

あと日清のカップヌードルミュージアムとか。

 

 

まぁそのまえにジム行こ。

 

 

工場見学おすすめです。

 

機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

  • 前の記事へ
  • ブログトップへもどる
  • 次の記事へ