奈良けいりんTOP  ブログ

ブログ

本ブログコーナーは、日本トーター株式会社奈良競輪事業所の社員が運営しています。
奈良競輪場のイベント等の情報はもとより、奈良県内の様々な情報を発信してまいります。社員個々の趣向も盛り込みながら、親しみのあるブログ運営を心がけてまいりますので、競輪はもちろん、いにしえの都 奈良にも興味を持っていただければ幸いです。

パワースポットを求めて

おひさしぶりの登場となります。マルコメです。

 

今回こそは前回(サイクリング)のリベンジを果たす為、1週間前から天気を逐一確認し、

 

ここぞという日を決定。

 

そしてコースのほうは、ならクルのルートに掲載されていた、宝生寺ルートに決定。

※ならクルって何?って人はコチラを参照  

              ↓

             ならクル

 

そして迎えた当日、スタート近くの室生不思議の森公園へ到着。

 

 

肝心の天候は晴れ!でもめっちゃ寒い・・・気温はなんと3℃

 

しかしここまで来て引き返せるわけがあるまいということで出発。

 

 

防寒をしっかりしていたおかげで寒さはそこまででも無かったですが、

 

山道なので勾配が激しく路面も湿ってツルッツル滑ります。

 

滑らないように気を付けながら走っていると、ならクルの看板を発見。

 

 

どうやら道は合ってるみたいなので、あとはこれに沿って走るだけ!

 

 

・・・と思いきや思わぬ事態が。

 

 

まさかの通行止め。

 

 

出鼻をくじかれ約10kmを引き返し逆回りで走る事に。

 

そんなこんなで進むと、龍穴神社を発見。(室生寺から徒歩約10分)

鳥居の前に巨大な杉の木があり、パワースポットであることは間違いないです。

心なしか私の頭も輝きを増した気がします。(元々、マルコメ)

この龍穴神社は水の神「龍神」を祀り、 奈良時代から平安時代にかけて請雨祭祀(雨乞い)の儀式が行われてきたそうです。

 

 

※あまりの迫力に写真を撮るのを忘れた為、詳しく知りたい方はコチラを参照

 

 

更にちょっと山中へ進むと「妙吉祥龍穴」というなんとも神秘的な場所が

あるそうなので、急勾配の山道を死にそうになりながら登ります。

 

 

途中、「天の岩戸」と呼ばれる岩を見つけました。なかなかに神聖な雰囲気が漂います。

 

更に上る事数分で到着、

 

 

この看板どこかで見たと思ったら前回行った滝にも「やまとの水」シリーズの看板がありました。

 

きれいに舗装された階段を下っていくと、

 

滝が現れました。正しくは招雨瀑(しょううばく)と言うらしいです。

 

 

向かいには何か出てきそうな龍穴もあります。

 

 

そんなこんなで寄り道しつつ約45km(回り道10km含む)を

4時間ほどで走り終えました。

 

ひさびさのサイクリング&上り坂で若干全力出しすぎた為、

絶賛筋肉痛ですがコース自体は車通りも少なく走りやすくいコースでした。

 

サイクリング好きの方は是非チャンレンジしてみてください。1週35kmぐらいで

ゆったり行っても半日ぐらいで回れます。

 

ただし3月末までは途中通行止めなので4月以降をオススメします。

  • 前の記事へ
  • ブログトップへもどる
  • 次の記事へ