奈良けいりんTOP  ブログ

ブログ

本ブログコーナーは、日本トーター株式会社奈良競輪事業所の社員が運営しています。
奈良競輪場のイベント等の情報はもとより、奈良県内の様々な情報を発信してまいります。社員個々の趣向も盛り込みながら、親しみのあるブログ運営を心がけてまいりますので、競輪はもちろん、いにしえの都 奈良にも興味を持っていただければ幸いです。

水を求めて

お初にお目にかかります。奈良競輪の住職担当「マルコメ」と申します。

 

私はサイクリングが趣味なのですが、ふと気になって奈良県のサイクリングコース

を調べてみると、魅力的なコースがたくさんあるではないか!?

 

これは早速行くしかない!!ってことで吉野川沿いを走って滝を見に行くコースに決定。

そして前日にウェアを新調し、前日のうちに自転車を車に乗せ、期待に胸を膨らませながら迎えた

早朝5時、

 

まさかの雨・・・・・・・ame02ame

 

でももしかしたら止むかも~・・なんて期待しつつ結局出発することに。

 

現地に到着し、小一時間ほど待ち続けるもいっこうに止む気配はないので、

 

急遽ドライブへ予定を変更

水を見に行くつもりが、水に降られて中止とは・・

 

 

気を取り直してまずは立ち寄る予定だった「津風呂湖」へと向かいました。

 

 

湖面に沿っていい感じの舗装路があり、自転車で走ると楽しそうな道です。

雨じゃなければ景色もよさそう~。

 

続いては「不動窟鍾乳洞」へ。

 

 

雨が浸水し、中はかなり濡れており、滑りまくります。

雨の平日ということもあり人は少なく、もしこんな場所で転んで頭でも打ったものなら

そのまま行方不明者になりかねませんのでかなり慎重に歩いていきました。

 

 

 ↑ 中には滝のような場所もあり、かなり見応えアリ。

 

注意点は、

とてつもなく狭い道がある事と雨の日はものすごく滑る事。

(※ どうやら入口で長靴を借りられるようです。)

 

どれぐらい狭いのかはご自分の目で行って確かめてみてほしいと思います。

 

続いては最終目標であった「蜻蛉(せいれい)の滝」へ

 

近隣駐車場からに隣接してあきつの小野公園があります。

 

 

公園内は季節によって桜の観賞や川遊び、紅葉が楽しめるようです。

今回は紅葉の時期とは少しズレていたようで、かなり葉が落ちてしまっていました。

 

キャンプやバーベキューは禁止ですのでご注意を。

 

そこから山道を歩くこと5分ほどで滝に到着します。

 

こちらは紀伊半島自然100選”にも選ばれている滝で、滝の上、中、下

の3か所から間近で滝を眺めることができ、松尾芭蕉をはじめ多くの著名人が訪れていることでも有名です。

 

 

落差50mということもあり、かなりの絶景です!

天気がよければ虹も常に出ているようです。見たかった・・・

 

写真だけでは感動を伝えることが出来ないと思うので、私が撮影した動画をどうぞ。

 

 

動画もいいですがぜひ自分の目で体験していただくことをオススメします!

 

車で行けば徒歩時間は5分ぐらいなので体力に自信のない人でもOK。

 

そして帰り際にふと案内掲示板を見てみると、

滝のちょっと上につりばしがある・・!?

 

高所好きの私にとってつりばしはロマン。これはまた登るしかない!と思ったものの、

 

すでに少し日が暮れかけていたこともあり本日は泣く泣く断念し帰宅kao13

 

後日リベンジに行きたいと思います。(できれば自転車で)

 

 

 

  • 前の記事へ
  • ブログトップへもどる
  • 次の記事へ